島村楽器 神戸三宮店 シマブロ

島村楽器 神戸三宮店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

Meridian Guitarsのご紹介!

シマブロを御覧の皆様、こんにちは。
島村楽器神戸三宮店の土師です。
最近日によって気温差が激しく、体調を崩しやすい気候が続いていますね。
インフルエンザもかなり流行っていますし...皆様も体調管理にお気を付けください。
と、まぁ世間話はそこそこにして、皆様Meridian Guitarsをご存知でしょうか?


Meridian Guitarsとは

f:id:shima_c_koube:20180122202102j:plain
Meridian Guitarsはイタリアのラクイラ県アヴェッツァーノに居を構える個人製作工房です。
Meridian GuitarsのルシアーであるDavide Cardoneは遡る事10年前、これまで自身が試してきた様々なハイエンドベースで高い評価を得ていた機能を全て搭載したベースを製作する為に、エレクトリックベース製作を始めます。最初は失敗も多く経験したそうですが、今では世界中からオーダーを受ける程の信頼を得ており、名実共にハイエンドベースブランドとして認められています。

しかし、残念ながらここ日本ではあまり知名度は高くありません。恥ずかしながら僕も存じ上げませんでした。
最近あのKen SmithAlembic,Mayones,DINGWALLなどなど名だたるベースブランドの代理店をされているSleek Elite様がMeridian Guitarsと代理店契約を結んだという情報をゲットしまして...
僕が個人的に興味があったことも重なり、この度Meridian Guitarsのベースをお借りすることができました!
ですので早速レビューをさせて頂きます!


f:id:shima_c_koube:20180121144620j:plain

今回お借りしたのはこちらのシングルカットモデルである”Horizon 5”。カッコいいですね。
それでは各部を写真と共に紹介していきます。

f:id:shima_c_koube:20180121144745j:plain

ボディトップにはEbonyを使用。恐らくMacassar ebonyかと思われます。

コントロール
Front PU Vol, Rear PU Vol, Treble(Passive Tone), Mid, Bass, Active/Passive Select MiniSW
となっております。よくある2Vol, 3BANDEQのコントロールですね。
特徴的なのはパッシブ時、トレブルがパッシブ時のみトーンへ切り替わる点でしょうか。これは地味に便利です。
EQの効きは非常に良く、パキッとした質感を持つ現代的なハイエンドベースのトーンは勿論、ミッド押しな甘いトーンまで幅広くカバーが可能です。
ピックアップはDelano製。クリアな音質が特徴です。

f:id:shima_c_koube:20180122152116j:plain

ボディバックはマホガニーっぽいですが...色味が薄いのでサペリかもしれません。
重量は非常に軽量で、恐らく3.5kg程でしょうか。ボディを軽くノックしてみると綺麗な反響音が聞こえましたので、
恐らくチェンバー加工がされている為マホガニー系のボディ材でこれほどの軽量さを実現したのでしょう。

そしてシングルカットなのでスルーネックかセットネックかと思いきやボルトオンジョイント。
デタッチャブルらしい立ち上がりの良さはそのままに、シングルカットらしい低域の締まりはとてもバランスが良いですね。

f:id:shima_c_koube:20180122152244j:plain

ジョイント部の加工精度も相当なもので、弾いていてストレスを感じることは全くありません。素晴らしいです。

f:id:shima_c_koube:20180122150638j:plain

指板は一見するとエボニーのように見えますが、実際はフェノールという合成樹脂を使用しています。
最近だとGibsonなどもリッチライトという名前でフェノールを使用していますね。
昔はコンポジット・ネックのパイオニアであるZONも一時期フェノール指板を採用していました。(現在はフェノウッド)
通常の木材の指板と比べ、湿度変化などに強いことが特徴でサウンド面自体はフラットなものだそうです。見た目も非常に美しいです。

f:id:shima_c_koube:20180122152444j:plain

ネックは非常に木目の綺麗な柾目の1pc. Maple
なんでも、Meridian Guitarsでは基本的に25~35年以上前の木材のみを製作に使用しているそうで...。
ネックシェイプは非常に薄く、手の小さい方でも違和感なく握ることができるのではないでしょうか。
ネックの馴染み方、鳴り方、全てにおいて納得の出来です。

f:id:shima_c_koube:20180122152858j:plain

かなり特徴的なヘッドシェイプ。
0フレットが搭載されているのが分かります。
ペグが3:2レイアウトのヘッドはLowBサウンドが弱く感じることが多いですが、ナットからペグまでの距離に余裕を持たせることで
LowBサウンドも全く気になりません。

f:id:shima_c_koube:20180122152931j:plain

ペグにはハイエンドお馴染みHipshot Ultra Light。
この謎のQRコードを読み取ってみたところ、Meridian GuitarsのHPのURLが出てきました。便利...なのでしょうか...?(笑)



さてさて、説明だけでは音は全く伝わらない(当たり前ですが)かと思いますので、簡単に試奏動画を撮ってみました。

Meridian Guitars / Horizon 5 【Sound Sample】

【試奏動画】Meridian Guitars / Horizon 5 【Sound Sample】

Passive Front&Rear PU→Passive Rear Only→Passive Rear Only Tone 0→Active Front & Rear PUの順番で弾いています。
如何でしょうか?
DelanoらしいクリアなサウンドにMeridianオリジナルプリアンプの組み合わせは、最近のハイエンドらしい艶やかなサウンドを持ちつつも、オールジャンルに対応できる汎用性を感じさせる秀逸なものとなっています。尚且つ低い高と薄いネック、そして軽量なボディからなるプレイアビリティの高さは、まるで自分が上手くなったかのように感じるほどで、演奏者にストレスを全く与えません。
そして何よりも推したい点は、パッシブのサウンド。アクティブの時と比べても遜色ないほど太いサウンドを持っており、個人的にはパッシブの方が好みなほどです。パッシブが使えないハイエンドも少なくない中、このHorizon 5はとても高いレベルに仕上がっています。


如何でしたでしょうか。
プレイアビリティ、サウンド、どちらも秀逸なMeridian Guitars。大変お進めの1本でございます。
今回はお借りしたものなので店頭には置いておりませんが、受注・お取り寄せは可能ですのでお気軽にご相談ください。
以上、神戸三宮店の土師のMeridian Guitars Horizon 5のご紹介でした。



スタッフ紹介

f:id:shima_c_koube:20180122201637j:plain

土師 尚起(はじ なおき)

現役のベーシストで、ここ数年ポップスからJAZZ、ラウド系(メタルコア)等、様々なジャンルのバンドをサポートしています。近年は"Djent系"と呼ばれるサウンドに魅了され、ベースやエレキギター音作り等、色々と試行錯誤をしています。ベース関連の機材は勿論、ギター関連の機材への知識にも自信があります。Axe-Fx2やKemper等のギターマルチプロセッサーのご相談もお気軽にお任せください。
好きな音楽ジャンル・・・Jpop/Jrock,AOR,Contemporary Jazz,Progressive Metalcore

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.