島村楽器 神戸三宮店 シマブロ

島村楽器 神戸三宮店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【イベントレポート】9月10日(日)五十嵐公太 V-Drumsクリニック開催しました!

皆さんこんにちは。

島村楽器神戸三宮店 ドラム担当の久保です。
f:id:shima_c_koube:20170910140108j:plain

いや~、、、ついに来ちゃいました、9月10日…
昨晩、ドキドキして寝つきが悪かった程、昔から『JUDY AND MARY』の超ファンでありまして、
終始、むちゃくちゃ楽しんでしまいました( ;∀;)

今回のレポートは、個人的な主観満載の内容となると思いますが、しばしお付き合いください。

それでは早速。


まずは、会場のご案内です♪
始めはドラムを体面に並べ、セッション出来るセッティングで準備が進みました
f:id:shima_c_koube:20170910140145j:plain
f:id:shima_c_koube:20170910140250j:plain
セッティングの最中も、心の中で『うぉぉぉぉ!すっげぇぇぇ!!』と私一人興奮していると…
五十嵐氏の登場!!
ミーハーな久保は冷静を装いつつ(多分感情漏れ漏れだったんだと思います…)ご挨拶。
久保:『本日は宜しくお願いしますっ!』
五十嵐氏:『こちらこそ、よろしくお願いします。』(スーパースターなのにもの凄く丁寧で接しやすい方でした…感動)

スタジオの中をご覧になられ「これだけ広いなら…」と"夢のセンターステージ"に急きょ変更!!
(おぉっと、うっかり五十嵐氏が映り込んでしまっていますねww)
f:id:shima_c_koube:20170910140330j:plain
客席もV-Drumsの目の前に!超至近距離で五十嵐氏のテクニックをご覧いただける素晴らしいステージとなりました。
f:id:shima_c_koube:20170910140402j:plain

ステージがイイ感じになった後は、ちょこちょこっとセッティングの確認を済ませ~
ROLAND営業の大野氏と打ち合わせ
f:id:shima_c_koube:20170910141208j:plain
ROLANDサウンドデザイナー野村氏と打ち合わせ
f:id:shima_c_koube:20170910141234j:plain
照明を落とし、サウンドチェックに!!
いざリハーサルスタート!!
f:id:shima_c_koube:20170910141653j:plain
f:id:shima_c_koube:20170910141715j:plain
ちょっと渋めの画像ですが、随所でセッティングを細かく打ち合わせしておられました。
f:id:shima_c_koube:20170910141734j:plain
ちなみに、五十嵐氏のセッティングはこんな感じです。。
f:id:shima_c_koube:20170910185343j:plain

後は会場を待つばかり!胸が高鳴ります!!
f:id:shima_c_koube:20170910141847j:plain






遂に15:00が来ました(^O^)/




颯爽と五十嵐氏登場!!
穏やかな口調で会場の緊張感を和ませつつ、V-Drums TD-50の進化したPOINTを丁寧にご説明してくださいました。
f:id:shima_c_koube:20170910183237j:plain
進化したPOINTに着目しつつ、お待ちかねの実演に!!
f:id:shima_c_koube:20170910184455j:plain
f:id:shima_c_koube:20170910185545j:plain
素晴らしい演奏が終わるや否や、自然と会場は拍手と興奮に包まれました!
f:id:shima_c_koube:20170910203618j:plain
やはり最前線で活躍されているプロミュージシャンの演奏は心を鷲掴みにされてしまいますね。。。

興奮冷めやらぬ中、プログラムはあの伝説のバンド「JUDY AND MARY」時代のお話に…
f:id:shima_c_koube:20170910190818j:plain
今後セミナーにご参加される方々への配慮も含め、曲名はシークレットとさせていただきますが、当時のCD音源をこのセミナーのために『ドラム抜きトラック』でリマスターいただき、TD-50で忠実に再現したドラム音源で生セッション(Part1)!!
f:id:shima_c_koube:20170910191026j:plain
当時のドラムセッティングの話やレコーディング環境、完成までの経緯など、ご本人に直接聞かなければ絶対に知れない貴重なお話の数々に、私、、、涙が出るほど感動しました(*ノωノ)

同時に、ドラムのセッティングの深さと難しさを改めて垣間見ることができ、もっともっと勉強しなければならないと痛感致しました!!
f:id:shima_c_koube:20170910191854j:plain
f:id:shima_c_koube:20170910191927j:plain

セミナーは進み、次はTD-25SC-Sの解説に。

五十嵐氏いわく『小さくてカッコいい、一家に一台の優れもの』という格言を頂戴しております(#^^#)
f:id:shima_c_koube:20170910191827j:plain
と言うのも、「大きいドラムの前だと物に圧倒されて多少緊張してしまうかもしれない。その点、TD-25SC-Sはコンパクトながら非常に高性能な機能を兼ね備えており、自宅での練習には最適な商品である」とご説明下さいました。
ちなみに、五十嵐氏も自宅用に欲しいそうですよww

さて、こちらも解説の後はお楽しみの実演に
曲はTD-25SC-Sに内蔵されたフュージョン系の音源でのパフォーマンス。
f:id:shima_c_koube:20170910192639j:plain
音源を流しながら、1フレーズごとにプリセットを切り替え、様々な音色に合うパフォーマンスを披露してくださいました。


さみしいですが、濃厚な時間は常に体感より早くに過ぎていきます…

プログラムはすでに後半戦、質疑応答のコーナーに
f:id:shima_c_koube:20170910192910j:plain
ご参加いただいた皆様に事前アンケートをご記入いただき、ひとつひとつ丁寧に回答されていました。
f:id:shima_c_koube:20170910193018j:plain
余談ですが…恒例(??)のコーナーでもあります「質疑応答」。実は私、このコーナーが大変大好きでございまして…はい。
皆さんからの質問は、日ごろお客様と接している私たちにとって大半が非常に身近で、とても参考になる内容が多いんです。
プレイヤーならではの悩みに「以前こちらでセミナーしてくだった○○さんは、こうおっしゃってましたよ。」の回答はすごく説得力があります。
そんな豆知識が得られる貴重な機会でもあるんですね~。

この記事を読んで「どんな話だったんですか?五十嵐氏は…??」
気になる方は、久保までお尋ねくださいね(^_-)-☆

ただ、今回すべてを内緒にしてしまうのももったいないので、ほんの少しだけ実際のやり取りをご案内させてただきます。
Q:ウォーミングアップってどうやっていますか?
A:今はスティックを振ったりはしていません。本番前はとにかくリラックスするよう心がけている。

Q:人前に立つと緊張してうまく演奏できないことが多いんですが、どうやれば克服できますか?
A:緊張は誰でもします。緊張しないよう意識することよりも、練習をしっかりやることが大事です。練習が自分を一番裏切らない。


いかがでしょうか?(本当にほんの少し…)
ご参加いただいた方々とのやり取りを後方で見ていて…言葉の重みと納得感がハンパなかったです。。。レジェンド。。。

「さて!!」という五十嵐氏の一声でハッとしましたが、クリニックも最後のプログラム、、、

JUDY AND MARYの音源Part2」へ
f:id:shima_c_koube:20170910195146j:plain
こちらも曲名は伏せさせて(!?)いただきますが、皆さんが知っている代表的なあの曲…
f:id:shima_c_koube:20170910195355j:plain
f:id:shima_c_koube:20170910195449j:plain
f:id:shima_c_koube:20170910195431j:plain
終演まで最高のパフォーマンスに皆さん大満足のご様子でした♪

最後は恒例の集合写真!!
真顔バージョンww
f:id:shima_c_koube:20170910195523j:plain
ハッチャケバージョンwww
f:id:shima_c_koube:20170910195630j:plain
お疲れさまでしたっ!!


クリニックが終わった後も、直接コミュニケーションの場面。温かい人です( ;∀;)
f:id:shima_c_koube:20170910195732j:plain
f:id:shima_c_koube:20170910195743j:plain

長文かつ、冒頭でご説明した「久保の主観的なレポート」感満載でお届けしました本レポート。
いかがでしたでしょうか??

つたない文章に最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。

また、今回ご遠方からお越し下さり、終始素晴らしいクリニックをご披露下さいました五十嵐氏、貴重なイベントを全面的にご協力くださいましたROLAND 大野氏、野村氏にはこの場を借りて御礼申し上げます。

今後も、お客様に喜んでいただけるイベントを目指して頑張ってまいります!!
それではまた~。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.