読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 神戸三宮店 シマブロ

島村楽器 神戸三宮店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

インストラクター相澤のサックス道場!!!其の一 ~呼吸法~

満を持して(?)連載スタート!!!
題して『インストラクター相澤によるサックス道場!』でございます。

記念すべき第1回目は、呼吸法についてです。
管楽器演奏における呼吸法(いわゆる腹式呼吸)はとても大切です。

①なぜ呼吸法が大切か?
サックスに限らず、管楽器を十分に振動させるためには息の圧力が必要です。
その息の圧力こそ腹式呼吸によるものなのです。

②サックスと呼吸法の関連性
サックスにはメリットとデメリットがあります。
金管楽器に比べて、基礎となる腹式呼吸法が身に付きづらいのです。
それは簡単に音が出るというメリットから来るもので、音のコントロールをほとんど口(アンブシュア)だけで行ってしまうことに関係しています。

③息の圧力とは?
簡単に言うと、風船を膨らませる際に必要な力と一緒です。
口の力だけで膨らませるはとても大変ですが、全身を使って息を押し出すように吹き込むと簡単に膨らみます。物理的に言うとゴムが縮む力より強い力で内側から押されると風船は膨らみます。これが息の圧力です。

アンブシュアは絞めすぎない!
下顎を使って、アンブシュアを絞めすぎる(噛んでしまう)と、リードとマウスピースの隙間が狭くなってしまいます。
どんなに頑張って吹いてもこの状態ではリードは大きく振動しなくなるため、豊かな音には繋がりません。
もっと楽器を鳴らすためには、先ずアンブシュアを緩めてみましょう!
但し、多くの場合今までのアンブシュアの癖が中々取れません。。。(私自身苦労しました。)
新しく作り変えるくらいの覚悟と意志を持って臨みましょう。主流はファットリップです!!

アンブシュアを緩めたら音が不安定になった。
ほとんどの人が経験することです。楽器がしっかりと振動しているか、鳴っているかを確かめてみてください。口を絞めたときに、鳴りが小さくなることが耳で確認出来たらバッチリです!それで正解です。
しっかりとした圧力のある息で吹き込めば、音はちゃんと安定します!

更に詳しい呼吸法については、レッスンでお話し致します!!
f:id:shima_c_koube:20160712183952j:plain
体験レッスンのお申込み・音楽教室についてはこちらをご覧ください。↓↓↓↓↓
www.shimamura.co.jp

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.