島村楽器 神戸三宮店 シマブロ

島村楽器 神戸三宮店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

Takamine点検会レポート

皆さんこんにちは。
神戸三宮店アコギ担当の久保です。

さて、今回のブログは6月26日に開催された『Takamine点検会』の内容を画像盛りだくさんでご紹介させていただきます。
f:id:shima_c_koube:20160630193519p:plain
まず、今回最初にご紹介すべきはこの方!
Takamine楽器製作所の平野氏!
f:id:shima_c_koube:20160630192142j:plain
タカミネ製品のみならず広くギターに精通し、自身もバンド活動も続ける敏腕営業マン!
いかにも音楽を生業としてそうな出で立ち通り、仕事は勿論、ギタープレイヤーとしても超一流!見て下さい、この撮られ慣れたポージング!
f:id:shima_c_koube:20160630192310j:plain
そんなお茶目な平野氏の懇切丁寧な仕事っぷりはこの後たっぷりご紹介します。

では、会場の様子から
f:id:shima_c_koube:20160630192250j:plain
そして、気になる工具はこちら!
f:id:shima_c_koube:20160630192333j:plain
Takamine特性のメンテナンスボックス!中には小物の収納が出来、ベルトサンダーも完備!個人的にもめっちゃ欲しいのですが、非売品とのことです。

ご覧の通り、日ごろ店頭に展示していない限定商材も2品展示。
f:id:shima_c_koube:20160630192356j:plainf:id:shima_c_koube:20160630192407j:plain
こちらは7月3日まで展示しておりますので気になる方はお問い合わせ下さい。
更に更に、今回はTakamineの代名詞といっても過言ではない「簡単に積み替えが可能なプリアンプ」が3機種勢ぞろい。
f:id:shima_c_koube:20160630192445j:plain
人気のチューブ管搭載のプリアンプももちろんいます!
f:id:shima_c_koube:20160630192503j:plain

店頭に特別ブースを設け、いざスタート!

トップバッターは…
『山下かりんさん』
f:id:shima_c_koube:20160630192515j:plain
神戸を活動拠点に全国で毎月数多くのライブ活動を勢力的に行っておられるソロシンガー。愛機は『TDP500RW』。
全国の島村楽器で購入可能なSHIMAMURA RECORDSでもCDを試聴&購入可能です!
近日には神戸のライブハウス『太陽と虎』でワンマンライブがあるとか…
勿論、ホットライン2016にも出演予定です。
気になるOfficial Websiteはコチラ

とにかく今注目のアーティストさんです!
ステージでの仕様頻度も非常に多いことから、山下かりんさんはギターの全体調整を実施。
演奏性に大きく左右するサドルはかなりじっくりリクエストを担当が煮詰めて調整を施していました!
『めっちゃ弾きやすくなった!』とご満悦のかりんさん。
f:id:shima_c_koube:20160630192529j:plain
【樋口コメント】
僕自身もCDを2枚所有してドライブの際に聞いたりしているかりんサンです。
彼女のブログは独特なセンスを発揮していてミュージシャンというよりも複合的なアーティストな感じがします!
この記事を目にした人が一人でも多くかりんサンを応援してくれたら嬉しいです!

次にご紹介させていただきますは…
『馬場正広さん』
f:id:shima_c_koube:20160630192545j:plain
愛機は『DMP051』
活動は施設を中心にライブ活動をされていて、エレアコでの使用が多いアーティストさんです
これまで特に困ったということもなく非常に満足されていらっしゃったようですが、今回スタッフの誘いを受け、全体的に問題がないという状況確認も含め、点検会にお越しくださいました。
f:id:shima_c_koube:20160630192610j:plain
プリアンプの設定も含め、平野氏に愛機の理想的なセッティングを聞くうちに『いい音』にこれまで以上にご興味を持たれ今回、なななんとコンタクトピックアップを追加いただきました
f:id:shima_c_koube:20160630192627j:plain
【池田コメント】
作業中も、店頭の展示機をおさわりいただき、本当にギターを弾かれるのがお好きなんだと感じました(池田談)。
今日の時点で、どうだったかのご感想はいただいていませんので、また今度ご感想をお聞かせいただけると幸いです。また、ご連絡させていただきます。

どんどん行きますよ~
続きまして…
『昇小春さん』
f:id:shima_c_koube:20160630192649j:plain
愛機はTDP75Sです。昇さんは学生様で、昨年ご購入のギターを調整へ持ってきて下さいました。
f:id:shima_c_koube:20160630192703j:plain
ご本人の自覚以上にネックが反っていた状態のコンディションでしたが、担当にばっちり調整してもらい、格段に弾きやすくなったと喜んで下さいました!!
f:id:shima_c_koube:20160630192729j:plain
【樋口コメント】
ギターの納品以来、久しぶりにお会いしたのですが、ギターからは日々の練習の証がはっきりと見えました。
調整後確認のため弾いている際の姿も以前とは異なりスムーズなコードチェンジの様子に関心しました!
これからも頑張って下さい!!

更に続きまして
『小寺一宏さん』
f:id:shima_c_koube:20160630192753j:plain
以前、私が姫路店勤務の時にTakamineのオーダーモデル(その時のブログはコチラコチラ)をお作りくださいました。お召し物をご覧いただければわかる方にはすぐわかる、あるアーティストの大ファンのお客様です。
今回、私も久々にスペシャルオーダーギターに再開できると楽しみに入店をお持ちしていると…んっ?!ギターケースがダブって見える…目をこすっても、ほっぺたをつまんでもギターケースは2本…
どうやら私の見間違えではなく、ハードケースを両手に抱えご来店くださいました。

片方は勿論スペシャルオーダーギター
f:id:shima_c_koube:20160630192810j:plain
もう片方は…、、、雷鳥ズドンっ!シブイっす!
f:id:shima_c_koube:20160630192826j:plain
※画像は800シリーズのサイズですが、小寺さんのギターは某楽器店のコラボモデルで500シリーズのサイズとなっています。

この後、何故2本持ってこられたかが分かりましたが、オーダーギターをメインで使っているが、雷鳥の方が弾き易いのでメインギターで使用しているオーダーした方のギターをもう少し握り易くして欲しい、と言うのが小寺様のご要望。
早速診断…
f:id:shima_c_koube:20160630192847j:plain
高やネックの状態などくまなく調べています。
f:id:shima_c_koube:20160630192908j:plain
平野氏による診断の結果、『製造上の個体の違い』から同じグリップ間にはならないという結果が出ました。
難しく、非常に興味深い話が続いておりましたが簡単に説明すると、製作の段階で木材それぞれに合わせたマッチングとなっているため、これも個体の違いの楽しみの一つだとのこと。。。小寺さんも私も『へぇ~…』。非常に勉強になりました(笑)
その他、両個体に不具合や修正点などなかったため、プリアンプの使い方を細かく教えていただきました。
使用環境やアンプなどの状況によってセッティングは全く異なってしまいますが、本日店頭(当店展示TDP50S)でお試しになられた状況での『平野おススメセッティング』はこんな感じです。
f:id:shima_c_koube:20160630192922j:plain
調整がひと段落したその後は、時間が少し余ったのでアーティスト(長渕剛)の話で大盛り上がり。小寺さんがこの日一番食いつかれていたこの時間だったかもしれません(笑)
【久保コメント】
お持ちいただいたギターの状態から察するに、取り扱いに慣れていらっしゃり、大事にお使いいただいていることが確認できて非常にうれしかったです。その他、プリアンプの使い方も詳しく教えていただけましたので、この夏はライブ活動がさらに面白くなること間違いなしですね。ご遠方からお越しくださいましてありがとうございました。

さて、いよいよ最後のご紹介となりますが、ラストは…
『陰山拓也さん』
f:id:shima_c_koube:20160630192937j:plain
※いろいろあってご本人のお姿は取り忘れてしまいました、、、すみません。。
しかし、ある意味最後にふさわしく(??)内容も見ごたえのある内容になっているように感じます。それではご紹介します。
愛機は10年程前ニューヨークにお住まいだった時に中古でお買い求めになられた『EF340』。
しばらくご使用の機会がなかったらしく、お持ちいただいた時は電池を変えてもアンプから音が鳴らない状況でした。
ここから平野氏の本気がさく裂しました!!
まずは、プリアンプが生きているかのチェックから…
f:id:shima_c_koube:20160630193026j:plain
長きにわたり電池をつけっぱなしにしていたようで、端子部分には電池が液漏れし、白い粉がビッシリ…。
これを丁寧に磨き落とし、電通を通常の状態に。
この状態で音は出るようになったのですが『ボッ、ボッ…ボッ』という音が絶えず出ていましたので、ピックアップのチェックに移ることになりました。
を取り外し、ブリッジ部分を確認すると前オーナーの修理跡が…
f:id:shima_c_koube:20160630193046j:plain
疑わしきところは全て確認する!Takamineブランドの看板を一身に背負う平野氏の仕事への姿勢に感動しながら、あっという間にTakamineの心臓部『パラスティック・ピックアップ』が姿を見せました!!
f:id:shima_c_koube:20160630193216j:plain
せっかくですので、いろいろ見せます。
パラスティック・ピックアップを押さえつけるシールドプレート
f:id:shima_c_koube:20160630193226j:plain
ピックアップケース
f:id:shima_c_koube:20160630193238j:plain
などなど、私も初めて見るTakamineの秘密の花園に感動の連続でした
この時点で、もうすでに『点検』の領域を超越した内容ですが、今回の『点検会』はこれで終わりではありませんでした…
先ほど「前オーナーの修理跡」と記載させていただきましたが、サドルは削りすぎの状態でスペーサーを自作で挟んでいました(涙)
こうなってしまっては、交換のほかに選択がありません…
こういった場合に備え、平野氏は常に替えのサドルを常備しているのですが、今回作業した『EF340』は現行の2個に分かれたブリッジではなかったためサドルのストックがなく、一から作り直さなければならない状態となりました。
もちろん、平野氏のツールの中には簡易メンテナンスセットしかない状態ですが、さすがは百戦錬磨の平野氏。工具がなくても有るもので何とかする!ニッパーとサンダーのみで見事サドルを作成してくださいました。
f:id:shima_c_koube:20160630193254j:plain
f:id:shima_c_koube:20160630193315j:plain
f:id:shima_c_koube:20160630193322j:plain
ナットも完成し、全体調整も完璧!!しかも、プリアンプピックアップも完全復活!!凄すぎです…。
最後は、時間の経過を感じさせる程汚れてしまっていた指板とボディをクリーニング。
f:id:shima_c_koube:20160630193336j:plain
通常であれば諦めてしまいそうな汚れも、平野氏は絶対許しません!煙が出てしまいそうなほど高速で磨き上げ、目を疑ってしまうほど綺麗に仕上げてくださいました。
f:id:shima_c_koube:20160630193356j:plain
最後はオーナーの陰山さんと熱い握手(撮り忘れておりましたが…)と記念撮影。
f:id:shima_c_koube:20160630193420j:plain
【久保コメント】
しばらく眠っていましたが今日完全復活を遂げた記念に、より一層愛着が沸いたのではないでしょうか?今度は、ご自身でまたしっかり弾き込んで、調整会にご参加ください!私も非常に勉強になりました。ありがとうございました。

いかがでしたでしょうか?
かなり盛りだくさんでお届けしましたが、Takamine点検会の素晴らしさがほんの少しでも伝わったのではないかと思っております。
また、こんな素晴らしいイベントをより多くの皆さんにお伝えしたいと思っておりますので、もしこの記事を読んでくださった方がいらっしゃれば『ブログ見たよ』とこっそり私にお伝えください。めっちゃ励みになります(笑)

それでは、今回のブログを終了とさせていただきます。
最後までお付き合い下さりありがとうございました。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.