読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 神戸三宮店 シマブロ

島村楽器 神戸三宮店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

7階で音楽にぴたっと。第34話

お知らせ・その他

f:id:shima_c_koube:20160411174511j:plain
こんにちは!サックスインストラクター相澤です。
f:id:shima_c_koube:20160411174728j:plain
前回の鼻水に続き、ゴールデンウィーク中は喉が潰れて声が出なくなってしまいました。
レッスンはiPadを駆使して筆談で乗り切りました!!
もう完全復活してます!!「アーーアーーーー」声が出るのってすばらしい!(笑)

昨日は、サックス奏者のためのビブラートセミナーを開催しました。
サックスのビブラートは歌とは違い、喉ではなく下アゴを動かします。

原理がわかっても中々これが難しいのですが、
多くの原因は「アンブシュア」が堅く、音程のコントロールを口に
頼りすぎてしまっていることにあります。

セミナーでは上手くビブラートをかけるためにもアンブシュアの作り方と
腹式についてもお話しました!

そして更に、マウスピースやリード、リガチャーも深く関係してきます!!
f:id:shima_c_koube:20160516185752p:plain

①マウスピースの形状、オープニングの広さ
②リードの堅さ
③リードを押さえる力、振動に大きく影響するリガチャー

自分にあったセッティングであることが第一!!
憧れのあの人が使ってるから・・・といって自分に合わないものを使っていると
演奏することが苦しくなってしまいます。

一般的に、、、
JAZZ系の人はオープニングが広いマウスピース、柔らかいリード
クラシック系の人はオープニングが狭いマウスピース、堅いリード
を合わせます。

でも、絶対コレが良いってのはありませんので色々試してみてください。
ご相談は私まで!!

ビブラートをマスターすることで表現力がググっとUPします!
気になるあの子も振り向いてくれ・・・るといいですね(笑)

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.