読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 神戸三宮店 シマブロ

島村楽器 神戸三宮店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

私がギターをはじめたキッカケ!~スタッフ 藤田 編~

シマブロのお題

みなさんこんにちは!島村楽器神戸三宮店の元気娘こと藤田でございますー!

f:id:shima_c_koube:20160427130804j:plain

本日はもう高校生の頃になりますが(約10年前です。時間って恐ろしい。。)
私が楽器をはじめたキッカケをお話させていただきたいと思います。

まず!
さかのぼること中学の時のお話から~⊂('ω'⊂ )))

高校受験を控えた当時中学生の藤田は勉強ができず、やる気も無く笑、
正直高校なんてどこでもいいやーなんて考えていました→(今思い返すと情けなくてたまらんです。。笑)

ところが通っていた中学に特にオープンハイスクールとゆう高校見学会があり、
仲の良かった友人4名と見に行ったのを覚えています。

 

そこで楽器との運命の出会いを果たします!笑

HY/Song for..」「ゆず/夏色」をカッコよく
ギターで弾き語る超歌の上手い女の先輩を見つけました。

見る見るうちに人だかりが出来て私も目を奪われていました。
後々にこの方が軽音部憧れの先輩となります。

その憧れの先輩と一緒に歌うことができた私は
「ギターって面白い!やりたーい!」と猛勉強をして
ここの高校にはれて入学するのでした。。

このオープンハイスクールの時も一緒に居た中学時代からの友人と同じクラスになることができ、
軽音楽部に体験入部をするのですが。。入部希望者が多く、

怖そうな先輩方に
「あー。ここ入部テストあるから!」

と言われちゃちゃうんですねー笑

課題は「スピッツ/空も飛べるはず」を1ヶ月以内にギターでマスターするとゆうもの。
内心「できるかーい!」と思いつつもこの高校に入学したのも
軽音楽部に入部するためやもん!と必死に練習したのを今でも覚えています。

そんな時、心の支えになったのが
中学時代から一緒で、今でも困った時に最初に相談する頼れるAちゃん
教室でのAちゃんの席の近くで自分を持っていてぶれない時折毒舌のNちゃん
第一印象から本当に可愛くて美女で誰よりも努力家のMちゃん

私たちあくまで仮入部で正式な部員ではなかったため、放課後は廊下で練習することが日課でした。
皮がむけたり、Fのコードが押さえられなくて辛い時、「やめたろかーい!」と思いましたが、そんな時

「皮むけちゃった!見てー」とか
「Fコードでこの音で正しいのかな」とか
「わースゴイ!弾けてるやん」とか
言い合うだけでも頑張ろう!この人達も頑張ってるんやからと支えになったのを覚えてます。

このAちゃんNちゃんMちゃん3人と居たから軽音部に入部ができたんだと思います。いやまじです。

はれて軽音楽部の入部を果たします。

ですが入部しても直ぐにライブができるわけがなく、ギターの練習もしくは
1年の頃は秋口まで先輩のライブのお手伝いが主でした。

そんな中、同じクラスで仲良くなった
明るく活発でよく笑うんですが実は一番所視力が高く、音楽好きのSさん
行動や話すことお年寄りみたいなんですが一番心が優しく、ドラムをやってみたいと言っていたUさんと仲良くなり、2人の軽音楽部の入部が決定します。

f:id:shima_c_koube:20160427170527j:plain

それからとゆうもの、みんなで集まって部室で次の曲何する?ってゆう時間がとても楽しくて結局決まらなくて
文化祭ギリギリで曲決めて詰め込んで練習して消えたい、もう嫌やー!!と叫んだり、
出来なさ過ぎてメンバーに申し訳ございませんと土下座をする場面がありましたが、ほぼ笑い転げてみんなと音楽と一緒に青春ができたことに感謝しています!!

文化祭

f:id:shima_c_koube:20160427171429j:plain

練習でうまく歌えなくて弾けなくて悲しくて置いていかれそうと思ったこともありましたが、
このメンバーがいたからこそ支えになって思今も音楽が好きで居られたんだと思います。

そして今も趣味でギターを弾くことがあると、入部テストがあったから今もギター弾けるようになっているんだなあと思うこともあります!笑

 

最初に楽器をはじめるとなると、どうしても何度も心が折れる場面に遭遇すると思います。

そんなとき一緒に音楽をする仲間の存在が大きいのでいつまでも続けていられると思います。

 

ぜひ皆様も弾けた後の喜びと達成感のために、仲間と一緒に音楽を楽しんで欲しいです!!

ちなみにこのメンバーとは高校を卒業して約10年経った今でも遊んだりするほど仲良しです!!\('ω' )/

みなさまの音楽ライフもより素晴らしいものになりますように!♪

最後までご覧いただき、ありがとうございます!藤田でした!!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.