島村楽器 神戸三宮店 シマブロ

島村楽器 神戸三宮店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

シマブロリレー第14弾!昭和生まれの女・澁谷です!

シマブロをご覧の皆様、こんにちは!

昭和生まれの教室担当・澁谷です!

2015年も20日が過ぎましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は「澁子の部屋」と題しまして、ベース科の川田智博先生に「楽器との出会い」をお聞きしてみました!

皆様ぜひ脳内に、かの有名なご長寿番組「徹○の部屋」のBGMを流しながらご覧下さいませ。



澁谷「川田先生、よろしくお願い致します」

川田「よろしくお願い致します」

「えー、何聞くのー?」な川田先生

澁谷「では早速ですが川田先生、幼稚園の頃はどんなお子さんだったのでしょう?」

川田「え、そこから聞くんですか?
えっと、人にちょっかいをかけるのが好きな子供でした。大人しくはなかったですねぇ。」

澁谷「ふむふむ。では、小学校の頃に得意だった教科と苦手だった教科は?」

川田「得意だったのは社会、苦手だったのは算数ですねぇ。典型的な文系人間です。」

澁谷「では、中学の頃の部活は?」

川田「放送部です。よくわからん機械が触りたくて。
でも、放送部に入ったことで色々な曲を聞くようになって、そこが音楽との出会いですかねぇ」

澁谷「お、音楽との出会いが早くもここで出ました!それから、それから?」

川田「初めはゲーム音楽からテクノ系エレクトロサウンドにハマって、次第にその中から生音のものとかロック的なものに興味が沸きだして、ロックを聴き始めました。」

澁谷「ロックとの出会い!」

川田「中学3年の頃に、父親のクラシックギターを触ってみて、それでロックとか弾いてみて…」

澁谷「え、クラシックギターでロックですか?めちゃ弾きにくくなかったですか??」

川田「そりゃまあ。なので、初めてエレキギター弾いたときに『うわ、めっちゃ楽!』って。
で、高校入ったぐらいの頃って、ヴィジュアル系の全盛期で、ヴィジュアル系を聴いているうちに海外アーティストのものも聴くようになって、そこからメタルにハマりましたねぇ。」

澁谷「ん?でもまだベース出てきてませんよね?」

川田「うーん、大学2回生ぐらいまではヘヴィメタギタリストでしたねぇ。それでライブにも出てたしねぇ。」

澁谷「じゃあ、ベースとの出会いは?」

川田「大学2回生ぐらいの時に『あれ、俺ソロとか向いてないかも…、フロント向きちゃうんかも…』って思い始めて、ベースラインがなんか気になってたこともあって、ベースに転向したんですよ。」

澁谷「そこでやっとベースとの出会い!」

川田「それで、やりだしたらちゃんとやりたくなって、大学卒業後に『今しかない!』って思って甲陽音楽学院に入りなおしてベースの勉強をしたんです。」

澁谷「それで今の先生があるわけですね!」



川田先生は今ではジャズもとても得意で、ウッドベースブイブイ弾きこなす先生ですが、ベースと出会うまではこんな紆余曲折があったんですねぇ!


そんな川田先生の体験レッスンは火曜日に絶賛開催中です!

ご興味のある方はぜひ会いにきてください!

川田先生レッスン風景

次はスタッフ村上(麻)にバトンタッチします!

ありがとうございました!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.