島村楽器 神戸三宮店 シマブロ

島村楽器 神戸三宮店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

まったりサロン~第2回~

こんにちは!

島村楽器神戸三宮店のピアノインストラクターの村上 友巴むらかみ ともは)です。

ピアノインストラクター 村上友巴

今回が第2回目になりますが、

ピアノ関連の情報や音楽関連で気になったものなどをブログ記事にしていきます!


メトロノーム

今回はメトロノーム


皆さんご存知の通り、一定のテンポで弾けるよう鍛える時に使うものです。

あまり使いすぎてしまうと、曲がロボットみたいに機械的になってしまいますので、

メトロノームの使いすぎには気をつけて下さい。


クラシックなんかで特に目立つのが、

楽譜に無茶なテンポを表記してあることです。

いくら「楽譜に忠実に」とは言え、無理してテンポを上げる必要はありません。

クラシックの楽譜に書かれたテンポはあくまで目安です。

テンポは演奏する人、環境、表現によってまちまちなので、

ご自身のペースで演奏してください。



何はともあれ、最近の機械技術はとても進歩していて、

電子メトロノームが人気です。

電子メトロノーム

吹奏楽部の方やギターされている方は電子メトロノームを使う方が多いのではないでしょうか。


電子メトロノームが無い頃は、

機械式のメトロノームが主流でした。

ねじを巻いて動かすものです。

機械式メトロノーム

主流といっても、40年前にはエレクトーンに内蔵されたメトロノームはありましたが。。。

機械式は吹奏楽部のパート練習や、ピアノやドラムをされている方が基礎練習に使われるのが多いようです。

テンポの刻みが視覚的にはっきり知りたい!

電子メトロノームの音が時々聞こえなくなってしまう・・・

という方にオススメです。

私自身も機械式のメトロノームを使用しています。


ドイツの技師ヨハン・ネーポムク・メルツェル(1772-1838)によって1815年に製品化されました。

メトロノーム」の語もメルツェルによる造語で、

ギリシア語の「メトロン」(μετρον拍、韻律、物指、尺度・・・)

+

ノモス」(νομοζ規則、法則)

を組み合わせものだと言われています。


メトロノームを最初に使用した作曲家はベートーヴェンだとか。

ベートーヴェンメトロノームの重要性を重く見ていたそうです。


時間をこまめに刻んで視覚化しているメトロノームは大発明でした!

メルツェルさんに感謝です!!(笑)



当店には機械式のリラックマのメトロノームやディズニーのキャラクターの電子メトロノームなど

たくさん取り揃えております!!

リラックマ機械式メトロノーム

リラックマ電子メトロノーム

ご友人へのプレゼント、練習の合間の癒しに1台いかがでしょうか。

と、言うわけで・・・

第2回はここまで!

お相手は、ピアノインストラクターの村上でした!!

第3回に続きます!!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.