島村楽器 神戸三宮店 シマブロ

島村楽器 神戸三宮店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

さんのみやなう♪vol.43~アコパラ神話~

趙(ちょう)「ど~もど~も~!!!島村楽器神戸三宮店のロロノア・ゾロ、趙趙趙ア・趙趙でございます!口癖は、神には祈らねぇ…です!!神の祭典、アコパラ楽しかったですねぇ~!!」

宮本「神には祈らへんくせに、神の祭典をひらくなよ…どうも!宮本です!本日は日曜日に開催させていただきましたアコースティック☆パラダイスについて書かせていただきます!!じゃ、趙!さっそくいこか!」

趙「いやいや宮本さん!僕のことはちゃんと趙趙趙ア・趙趙って呼んでくださ…」

宮本「しまった!そこさっき突っ込むの忘れてた!それもう原型ない上にダサすぎるやろ!!」

趙「ありがとうございます!流されるのが一番悲しいので!笑 ではさっそくいきましょう!まず一組目は…オープニングアクトでお馴染み、島村楽器神戸三宮店名物ユニット「最新什器」です!」

宮本「誰やねん!!てか俺らは結局なんて名前のユニットなん?笑」

趙「いやもうそれは宮本さんの大好きな某アイドル…」

宮本「俺のイメージをどうしたいねん!」

趙「じゃもうここは無難に「ミヤチョウ」にしときましょう!納得できませんけども…」

宮本「今回もオープニングアクトで歌わせていただきました!2曲とも趙が作りましたオリジナルを歌わせていただきましたが…」

趙「人に自分の歌をカバーされるのって嬉しいですね…泣」

宮本「そりゃそうやろな!お礼言えよ!笑」

趙「宮本さん!ありがとうございます!」

宮本「え?!素直?!笑」

趙「たまには僕だって…笑 ではあまりオープニングアクトで尺とってもあれなので例のアレの流れでアレしましょう!」

宮本「全然伝わらんわ!!ではさっそく一組目は…伊藤ナナさんです!!」

趙「僕たまに三ノ宮で路上ライブしてる伊藤ナナさんを目撃いたしますよ!」

宮本「俺もずっと仲良くさせてもらってるからな!趙!伊藤ナナさんはどうやった??」

趙「かわいい声ですね!すごい女の子らしい声でこれぞ女性シンガー…いやこれぞ女性スィンガーだなと思いました!!」

宮本「なんで言い直してん。」

趙「すいません、帰国子女の悪い癖が…」

宮本「お前帰国子女ちゃうやろ!島村楽器神戸三宮店では伊藤ナナさんのCDを販売しております!是非みなさまよろしくお願いいたします!」

趙「では二組目は…FATAL ENCOUNTERさんですね!前回に引き続きのご出演ありがとうございます!」

宮本「俺らと同じ二人組みのユニットやな!」

趙「力強い歌声にライブパフォーマンス!どれをとっても星!!3つです!!!」

宮本「似てなさすぎてびっくりするわ。」

趙「島村楽器神戸三宮店ではFATAL ENCOUNTERさんのCDもありますので皆様よろしくお願いいたします!買っていただきますとその利益がFATAL ENCOUNTERさんに入りましてもうウハウハ…」

宮本「汚い話すな!」

趙「ではバクバクいきますよ!三組目は…下田達哉くん!!!」

宮本「なんやバクバクって!!なんか気持ち悪いぞ!!笑」

趙「下田達哉くんは前回のアコパラを見て、僕も歌いたい!!ってなって参加を決意してくれました!!僕はもう仲良くさせていただいていて、今回もいろいろとサポートさせていただいたので…下田くんが人前で堂々と歌う姿に泣きそうになりました…」

宮本「今回が初舞台やったらしいな!想いがすごいこもってたな!」

趙「ほんと次も下田君!よろしくお願いしますね!!」

宮本「じゃサクサクいきましょうか!4組目は佐伯憲一さんwith志賀谷さんです!」

趙「サクサクってスナック菓子か!!!」

宮本「いや合ってるし!!」

趙「佐伯さんも前回に引き続きのご出演ですね!今回はパートナーの方が違いましたが!」

宮本「やっぱクラシックギターのガットの音はいいな!!」

趙「そうですね!やわらかい音…最高!!!」

宮本「あと佐伯さんも甘い声してたな!!うまかった!!」

趙「佐伯さんのCDも販売してますのでよろしくお願いいたします!これを買っていただくとその利益が…」

宮本「せやから汚い話すなって!!」

趙「では五組目は…きた~!!!アコースティックユニット 座 P:Mさんです!!私、趙の推薦で出ていただきました!!」

宮本「いやもう上手すぎな!!」

趙「しかも新曲を僕のために…」

宮本「いや、お前のためやないと思うけど…笑」

趙「ほんま次回もお願いしますね~!!」

宮本「では6組目は、みずきさんですね!」

趙「この子なんとギター始めてまだ4ヶ月!しかも前回なんてギター始めて2ヶ月での出演!!ギターを始めた時からいろいろとサポートさせていただいているので我が子を見るような気分でした!笑」

宮本「いや、4ヶ月とは思えへんな!俺なんてギター長いことやってるのに指痛くなるから一日30分が限界!笑」

趙「宮本さん…しっかりしてください…」

宮本「なんか凹むわ!」

趙「すごいレベルアップしてました!泣きそうになった!」

宮本「しかも初のオリジナルも披露!次回も期待できるな!」

趙「次回もよろしくね!」

宮本「では7組目は小林さんです!!」

趙「昔のフォークソング…僕が一番好きな時代がそこにはありました!!」

宮本「優しい声やったな!上手かったほんま!!」

趙「出てよかったと言ってもらえましたしね!次回もお願いしちゃいましょう☆」

宮本「次回もお願いしますね!!」

趙「ではいよいよラスト2組!」

宮本「8組目は松尾さんです!いつもお世話になっております!」

趙「宮本さん宮本さん!!ギター上手すぎますよ!!!」

宮本「今回唯一のギターソリスト!!うまいやろ~すごいやろ~!!」

趙「なんで宮本さんが得意気なんでしょうか…笑 僕もあんなけアコギを使いこなしたい!!」

宮本「あんなけ弾けたら楽しいやろなぁ!!」

趙「今度、授業お願いします☆笑」

宮本「ではいよいよラスト!!9組目は杉山さんです!!いつもお世話になっております!」

趙「アァニキ~!!」

宮本「いや、そう呼びたくなるんも分かるわ!!」

趙「アァニキ~!!!!」

宮本「盛り上げも上手いし、歌も力強くてな!」

趙「アァァァァァァニキィィィィィァァァァァァァ!!!!」

宮本「うっさい!!!!」

趙「…てことで今回は全部で9組のアコギの神様達に出演していただきました!」

宮本「盛り上がったよな!!」

趙「出演者の方もご来場者の方もみんな楽しかったと言ってくれてましたしね!」

宮本「大成功やな!!」

趙「いやほんと大成功ですよ!仕事忘れて楽しんでました!笑」

宮本「趙はほんまアコギ好きやねんな!」

趙「アコギも好きですし、アコギを使った歌も好きですし、アコギを弾いてる人も好きですし、宮本さんも好きです。」

宮本「いきなり告白!!!笑」

趙「もう命あるもの全てが好きです。」

宮本「お前なんやねん…!笑」

趙「私は…神です…」

宮本「あぁ…なるほど…だからお前は神には祈らへんのか…って納得するか!!」

趙「では宮本の民よ…ブログを締めたまへ…」

宮本「はい神様…ってアホ!!…今回のアコパラの大成功は全て皆様のおかげです!!これからもスタッフ一同全力で皆様のミュージックライフをサポートしていきますのでこれからも島村楽器をよろしくお願いいたしますね!!本当にありがとうございました!!今回の動画は後日アップさせていただきます!お楽しみに!!」

趙「宮本さん!僕、昨日少し時間があったので散歩していましたら…」

宮本「もう締めたから!!!」

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.